御岩神社



 

御岩神社社務所

〒311-0402
茨城県日立市入四間町752
TEL・FAX:0294-21-8445


oiwajinja@msi.biglobe.ne.jp


御祈祷・御供養受付
午前9時〜午後5時


御祭神
国常立尊、大山祗命、大己貴命、少彦名命、伊邪那岐命、伊邪那美命大国主神 ほか19柱
御岩山総祭神188柱
由緒
創建の時期は不明ですが、縄文早期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(713年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」とされる事から、古代より信仰の聖地であった事が窺えます。
中世には山岳信仰とともに神仏混淆の霊場となり、江戸時代に至っては水戸藩初代徳川頼房公により出羽三山を勧請し水戸藩の国峰と位置づけ、藩主代々参拝を常例とする祈願所でありました。
明治維新により神仏分離令が実行され、境内21の神社、寺院を整理統合、大日堂、常念仏堂、百観音堂、大仁王門等が取り払われましたが、仏像の現存、境内の遺跡、祭事内容など、今日でも他の神社、寺院に見られない独自の信仰を伝えております。
御神徳
諸祈願 諸供養


  境内社 : かびれ神宮(御岩山鎮座 奥宮) 齋神社(祖霊回向社) 薩都神社本宮 等
  神  木 : 御岩山三本杉(県指定天然記念物)
  文化財 : 大日如来坐像(県指定) 阿弥陀如来坐像(市指定)
  その他 : 金剛力士立像(阿形像. 吽形像) 徳川光圀公・徳川斉昭公 誓歌碑 等


再建された楼門(仁王門)
御神木三本杉(天狗杉)
旧御本尊 大日如来
祖霊回向社 齋神社