青年会議所とは?


奉仕・修練・友情を信条として、

よりよい社会づくりを目指す青年の集まりです。

 

 1949年、明るく豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任感をもって、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

 現在、全国に745の青年会議所があり、約54,000人の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと、民主主義を守り、自由経済体制の確立による、よりよい社会づくりをめざして、ボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、国境を越える交流や地球環境保全など世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

 

 

青年は、人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志により その居住する各都市の青年会議所に入会できます。

40年の歴史を持つ日本の青年会議諸活動はめざましい発展を続けておりますが、 現在750余の都市に6万余名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として 日本青年会議所が東京にあります。

全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、 86カ国地域に国家青年会議所があり、約42余万人が国際的な連携を持って活動をしています。  日本青年会議所の事業目的は、“社会と人間の開発”です。

その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、 市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、 「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を押し進めています。

さらに日本の独立と民主主義を守り、 自由経済体制の確立による豊かな社会を創りだすため、 市民運動の先頭に立って進む団体、青年会議所です。

『若い力』より