総務室運営方針(案)

総務室担当 副理事長 草野 敦

 (社)日立青年会議所は、これまで数々の変革を遂げ、現在の(社)日立青年会議所を築いてきました。高邁な志をもち、戦後の荒廃した世の中を、未来ある子どもたちのために、地域発展のために、自己修練のために、すばらしい友情を築くために・・・37年前、われわれの先人である先輩の手により、この日立の地に青年会議所運動の火が灯されました。時代が流れ、数々の変革を行ってきた今でも、これらの青年会議所運動の根底に流れる意義や価値は、不変のものです。今、混沌とした時代に生きる我々は、こんなときだからこそ、青年会議所運動の原点に立ち返り、変革の歴史から何かを学びとり、新たな時代を築くため、行動するときです。

 総務室では、(社)日立青年会議所の持つ機能が、十分発揮できるよう、また組織運営を円滑に遂行するために、目標を明確にし、メンバー相互のコミュニケーションの充実化を図り、LOM全体の運営についての万全の準備態勢をとり業務の推進をしていきます。また、本年度は、茨城ブロック会長輩出LOMとしての(社)日立青年会議所を意識し、茨城ブロック協議会及び、2004年全国会員大会主管LOMである(社)水戸青年会議所支援をも視野に入れた活動を行ってまいります。

BACK