研修室運営方針(案)

研修室担当 副理事長 大森 勝

 今、日本では不況といった暗く長いトンネルから抜け出す事ができずもがき苦しんでいます。その中でも、私達が生活している日立のまちは、典型的な産業都市であるがため、その影響は大きいと思われます。私達(社)日立青年会議所としてこういう時代だからこそ「何をやるべきなのか」、「何が必要なのか」を深く考え、行動を起こしていく事が重要だと考えます。
 私達JCメンバーは「変革の能動者」であり、「明るい豊かなまちつくり」という共通の目的があります、「まちづくり」ばかりではなく、同じ目的や悩みを持つ多くの仲間と出会う事で、「自分」、「まち」、「企業」の問題が解決できる糸口が見つかるかもしれません。
 そこで研修室ではこのような問題解決につながっていくきっかけを見出し、少しでもメンバーに役立てていただけるような活動をしていきたいと思い、1年間のテーマとして「得る〜そして役立つ」という事を掲げ実践していきたいと考えております。
 研修委員会では、委員会メンバー、日立JCメンバーが自己修練することにより、様々なノウハウを「得る」、様々な知恵を「得る」、そして多くの友情を「得る」という研修事業を展開していき、メンバー自身や企業などに役立ててもらえるような活動をしていきたいと考えます。
 アカデミー委員会は、入会1年目の爽やかな風を青年会議所に吹き込んでくれます。このようなフレッシュなメンバーに委員会、事業を通して失敗を恐れないでチャレンジする「勇気」、事業を作り上げ成功した時の「感動」、苦楽を共有した仲間との「友情」、この3つを得られるよう活動していき、今後のJC運動、社会活動に大いに役立てられるような研修を進めていきたいと思います。
 研修室両委員会とも現役メンバーの参加、協力を得ながらより多くの「感動」、より多くの「友情」が出来るよう研修を進めて行きたいと考えます。そして(社)日立青年会議所メンバーが少しでも何かを得られるよう研修室全員が同じ気持ちを持って活動して行きたいと思います。

BACK