戦後56年がたち、日本は経済成長を遂げ、今私達が生きているこの21世紀は物質的なものにも恵まれ、不況、景気低迷という大きな問題はありますが、最低限生活をするのにこれといった不自由を感じなくなってきました。
 
現在を取巻く環境を見てみますと、大変だけれどもある程度は満足しているといった感があるように思われます。人間はある程度満足すると必要以上に自ら行動する事に消極的になっていきがちです。地域開発委員会では2002年度(社)日立青年会議所スローガンにあります「自ら進んで参加・行動しよう」を進めていき、決して消極的にはならず常に積極的に活動をしていきたいと考えております。
 
(社)日立青年会議所メンバー、行政、市民と共に喜びを分かち合い、事業を通してのコミュニケーションを深め、一人でも多くの方々の素晴らしい笑顔が見られるような事業を推進していきたいと思います。笑顔が出る事により明るくなる、明るくなれば元気という言葉につながって行くと私は確信しています。下を向いてモジモジしていては元気は出ないし活力も生まれません。元気も無い、活力も無いでは(社)日立青年会議所メンバーとの喜びや感動を共感できるような事業は出来ないと思います。
 
私達が生まれ育った日立の「まち」をもっともっと良くしたい、活気の有る「まち」にしたい、人にやさしい「まち」にしたい、その想いがまちづくりにつながっていくと私は考えます。元気日立という言葉の意味を深く考え、私たちの「まち」に対する熱い想いをこれからの日立のために役立てていく事が必要だと思います。
 
地域開発委員会では、明るく、楽しく、元気よくをモットーに1年間頑張っていきます。委員会メンバーとの連帯感と、更なる親睦を深めていき、人にやさしいまちづくりを進めていきたいと思います。 1年間宜しくお願いします。

事業計画
(1) 5月例会主管
(2) 10月例会主管(室合同)
(3) まちづくり関連事業
(4) 会員の拡大

HOME