21世紀を迎えた現在、地球上では未だに人と人とが命を奪い合うような醜い争いが後を絶ちません。再び、右肩上がりの昂揚の時代が来ることを夢みながら、多くの人は疲れた悲しそうな顔をしています。サン・テグジュベリの「星の王子様」に酔っ払いの星のエピソードがでてきます。王子様が酔っ払いに向かって、「どうしてお酒を飲むの?」と聞くと、
酔っ払いが答えます。 ――――「恥ずかしいからさ。」
再び王子様が聞きます。―――「何が恥ずかしいの?」
酔っ払いが答えます。――――「酒を飲んでいるのが恥ずかしいのさ。」 私達も自問自答してみましょう。―――「どうして元気が出ないのだろう。」 「本当に心を充実させるものが見つからないからさ。」
「どうして見つからないのだろう。」―――「見つける元気がないからさ。」 このような閉塞的な、混沌とした状況を打破するのが、変革の能動者たらんとする私達Jayceeなのです。

 青年会議所運動は、明るい豊かな社会の実現を目標に、社会開発(Community Development)と、指導力開発(Leadership Development)という大きな2つの流れを運動の原点としてきました。そして今、この混沌とした時代から出発するのに、CDとLDという2つの大きな流れと同時に、人間力の開発(Human Development)、人間力の向上が必要であると謳われています。
 さて、それでは「人間力」とはいったい何でしょうか? 私が考える人間力とは、全ての行動や言動において、自己責任と問題意識をもって自己の主張がしっかりとでき且つ、他者の意見を受け入れられる力のこと。 活力と知力を兼ね備え、積極的に市民運動を推進して、より成熟した社会を求めていく力のことだと思います。
 私達Jayceeは、JC運動を通じて様々な気づきや学びを得ており、その取り組み自体が人間力開発と言っても過言ではありませんが、その促進剤として研修の位置付けがあるのだと考えています。私達研修政策室は、この研修を通じて、より多くのメンバーのより効果的な、人間力開発の推進に努力してまいります。 研修を通じての、気づきや学びを日常のフィールドで実践していくことが、21世紀型のこころの改革、すなわち地域の人間力開発・人間力の向上に貢献していく事になるでしょう。それがひいては、明るい豊かな社会の創造へとつながり、素晴らしい21世紀・創世紀へのスタートとなることでしょう。


 EARTH'S GREAT TREASURE LIES IN HUMAN PERSONALITY
人間の個性はこの世の至宝である。JCIクリードの一説であります。それぞれが人間として、そしてJayceeとして持っている「宝」をより輝くものにしていくため、メンバーとともに1年間活動していきたいと考えております。

 

    HOME